エンタメ

【2020年】きっと集めたくなる、大人がハマるガチャ5選

本屋・ドラッグストア・ショッピングモールなど

見つけると、つい回しちゃう「ガチャガチャ

これから発売されるものから、もう手に入らないものまで、

ぼくが気になった、奇抜で独創的なもの、精巧につくられたミニチュア、

デザインが光る飾りたくなるものを紹介します

(疲)縁起物 MARU-HI-ENGIMONO

シャクレルプラネットなどで知られる「パンダの穴」の最新作

にくめない、どこかかわいらしさを感じるデザインがいい

トロピカルズ」や「ZooZooZoo」シリーズもオススメ


背負い篭ますこっと

もう完全に鬼滅のアレ

着眼点がすばらしすぎる

見つけたら、きっと回しちゃう


HERMOSA KAMAKURA

INAMURAGASAKI

MINIATURE FIGURE

背負い篭マスコットと同じ「J.DREAM」のガチャ

同じ会社とは思えない、レトロでしびれるデザイン

机に飾りたい

6月発売予定


リサ・ラーソン ミニチュア・ファブリカ

スウェーデンを代表する陶芸家「リサ・ラーソン」作品のミニチュア

見ていて気持ちがほっこりする

生活にとけこむアート


あらいけいいちの立体

「日常」で知られる漫画家

現在はモーニングで「CITY」を連載中

あらいけいいちワールドが爆発していて

はずれなしで、どれが出ても大当たり!

4月再販予定


変わるガチャガチャ

ガチャガチャは、ぼくが小さい頃に比べて、

とても精巧に・想像もつかないようなレベルに変化した

ただ、登場から新しいものに変わるまでのスパンが

早くなったように感じる

 

目当てのものがとれないうちに、変わってしまったことがしばしばある

そんな時は、検索するとネットショップで売っている時代

今では当たり前だが、これもぼくが小さい頃にはなかった大きな変化だ

 

ネットがこれだけ普及した時代に、

アナログなガチャガチャがいまだにあり続けるのは改めて考えるとすごいことだ

これからもいいのがあったら、どんどん回していく

そして100円玉が消えていく



-エンタメ

© 2021 ぼくいく Powered by AFFINGER5