日常

お土産・手土産におすすめ!栃木県足利市の銘菓2選

フラワーパークや足利学校を見にきたけど

足利のお土産って何があるの?

オススメの銘菓を12年以上住んでいるぼくが紹介します

もくじ

1.足利市のオススメの銘菓

  1-1.和菓子のオススメ(古印最中)

  1-2.洋菓子のオススメ(大麦ダクワーズ)

2.お土産と手土産の違い


1.足利市のオススメの銘菓

・和菓子のオススメはズバリ

「香雲堂本店の古印最中」

お茶の味わいがひとしお増す。最中は日本独特のものでございます。

香雲堂本店が足利ご来遊の皆様に是非御賞味いただきたいものと、

永年にわたり工夫してまいりました独自の製法により創りましたのが「古印最中」でございます。

日本最古の学校である「足利学校」、大日様として親しまれている「鑁阿寺ばんなじ」の古印、

明治画壇の巨匠・田崎草雲先生の落款等に因んだ方形の最中は質実剛健、

まさに武士のこころを彷彿とさせる一品と申せましょう。

(公式HPより抜粋)

 

古印最中は、皮のしっとり感と心地いい食感の絶妙なバランス。

粒を感じる餡のしっかりとした甘さがとてもおいしくて、

あるだけ食べてしまう罪な最中です。

 

【店舗情報】

[本店]

所在地 栃木県足利市通4−2570

駐車場 4台

営業時間 9:00〜19:00

定休日 無休

 

[八幡店]

所在地 栃木県足利市八幡町1−2−14

駐車場 30台(大型バス駐車可能)

営業時間 9:00〜20:00

定休日 水曜日


・洋菓子のオススメはコレ

「大麦工房ロアの大麦ダクワーズ」

懐かしい香りと素朴な味

「大麦ダクワーズ」

フランスのダクス地方が起源の伝統菓子「ダクワーズ」を国産大麦100%で焼き上げた、

とってもやわらかく香ばしい当店の代表銘菓です。

メレンゲを加えさっくりとしたダクワーズ生地の間に、クリームをはさみました。

みさなまに愛されるサクッふわっの美味しさです。

※ダクワーズとは、フランスの南西部ランド県ダウス地方に古くから伝わる伝統菓子です。

(公式HPより抜粋)

 

公式でもあるように、食べた食感はサクッふわっという

最中やマカロンでもない、初めての感触です。

味も、カカオチョコや宇治抹茶など、たくさんの種類があって楽しめる一品です。

 

【店舗情報】

[大麦工房ロア 工場直売店]

所在地 栃木県足利市大月町3−1

営業時間 10:00〜18:00

定休日 水曜日(不定休)

 

[大麦工房ロア 朝倉総本店]

所在地 栃木県足利市朝倉町3−34

営業時間 10:00〜18:00

定休日 火曜日(不定休)


2.お土産と手みやげの違い

ふと「お土産と手みやげの違い」が気になったので、調べてみました。

 

・お土産とは

 旅先などで買った、その土地の産物のことです。

 

・手みやげとは

人を訪問する時に持ち帰っていく、感謝の気持ちなど心を込めた贈り物のことで、

その土地の名産品など、オススメできるおいしいものことです。

 

ようするに、「お土産」は、旅先などで買う、その土地の産物です。

「手みやげ」は、気持ちを込めた自身を持って渡せる名産品などの贈り物のことです。

 

ぼくは調べるまで「お土産」と「手みやげ」だったら、

圧倒的にお土産の方が上で、手みやげは酔っぱらいが

千鳥足で持ってくるようなものだと思っていました

相手を考えるところは似ていますが、お土産よりも手みやげの方が

より、より相手を思い、贈るもの自身を持って渡せるものです。

 

まずは、お取り寄せで試してみてはいかがでしょう?



-日常

© 2021 ぼくいく Powered by AFFINGER5