【ジャンル別】完結済!イッキ読みできるおすすめ漫画紹介

「鬼滅の刃」の最新刊が発売されましたね。

展開が早くてめちゃめちゃ面白い!読み終えた瞬間から早く続きが読みたくて待ちきれなくなってます。

待つ楽しみもありますが、1話から最終話までをイッキに駆け抜けたくないですか?

そんなあなたに[SF・青春・サスペンス]それぞれのジャンルの完結済でイッキ読みできるおすすめ漫画を紹介します。

ラストまでイッキに読んじゃいましょう!

もくじ

【ジャンル別】完結済!イッキ読みできるおすすめ漫画紹介

1.【SF】のおすすめ 「レベルE」

2.【青春】のおすすめ 「SKET DANCE(スケット・ダンス)」

3.【サスペンス】のおすすめ 「MONSTER」


1.【SF】のおすすめ

「レベルE」

全3巻

作 者:冨樫義博

掲載誌:週刊少年ジャンプ

出版社:集英社

 

[あらすじ]

現在、地球には数百種類の異星人が行き交い生活している……。友好的な種族、好戦的な種族、研究目的から犯罪まで、多種多様な性格の異星人が奇妙なバランスを保ちつつ混在している……そのことに気づいていないのは地球人だけなのだ…。

 宇宙一の天才的な頭脳と美貌、そして最悪な性格の持ち主・ドグラ星第一王子…人呼んで「バカ王子」。その魔の手から地球を守るのは…熱血健康優良野球少年7番レフト・筒井雪隆。

 

[おすすめポイント]

ドグラ星のバカ王子クラフトの話も面白いけど、個人的におすすめなのは「原色戦隊カラーレンジャー」の話。

運悪くバカ王子の退屈しのぎの為、宇宙船にさらわれた5人の小学生が原色戦隊カラーレンジャーに改造されてしまう。5人は抵抗するがバカ王子の悪巧みに巻き込まれていってしまう。

小学生にはまるで見えない性格や会話のやり取りが心地いい。これを少年誌でやってたのが不思議。

全3巻でサクッと読めるけど、内容が濃くて読み応えがありおすすめ。


2.【青春】のおすすめ

「SKET DANCE(スケット・ダンス)」

全32巻

作 者:篠原健太

掲載誌:週刊少年ジャンプ

出版社:集英社

 

[あらすじ]

学園生活の中で、誰もが一つや二つ抱えてしまう悩みや問題。それらを何でも解決してくれる、学園生活の助っ人になってくれるヤツらがいた! 彼ら開盟学園高等学校・学園生活支援部――通称「スケット団」に、今日も仕事の依頼が舞い込む!!

部員は、お調子者だけどやる時はやるリーダー「ボッスン」、元不良の武闘派ヤンキー娘「ヒメコ」、クールな情報屋「スイッチ」の3人。そんなスケット団のもとに、今日もヘンテコな依頼が舞い込んで来たり、来なかったり。スケット団は、時に真面目に、時にバカバカしく、グダグダだけど熱い活動を送っている。

 

[おすすめポイント]

真面目で熱い話から、とにかくくだらないけどマニアック遊びの話など、内容の振り幅がものすごく大きいのが魅力。

「ボッスン」「ヒメコ」「スイッチ」の3人以外にも個性的な登場人物が増えていき、どんどんスケット団がにぎやかになっていくのが、自分もその輪に入ったような気になってきて楽しめるのがおすすめ。


3.【サスペンス】のおすすめ

「MONSTER」

全18巻

作 者:浦沢直樹

掲載誌:ビックコミックオリジナル

出版社:小学館

 

[あらすじ]

天才的な技術を持つ日本人脳外科医・Dr.テンマは、西ドイツ(当時)・デュッセルドルフのアイスラー記念病院に勤め、院長の娘エヴァと婚約し、ゆくゆくは外科部長から院長という出世コースを掴みかけていた。医師として漠然としたジレンマを感じつつも、深く考えることなく手術を重ね、研究に打ち込んでいた。

そんなある日、頭部を銃で撃たれた重傷の少年ヨハンが搬送されてくる。Dr.テンマは、院長の命令を無視してオペを執刀し、ヨハンの命を救う。それがすべての始まりだった…。

 

[おすすめポイント]

誰が敵なのか分からない残酷な状況に振り回される中でテンマが少しずつ真相に近づいていく。

そんな最悪な中でもやさしい人との出会いがあり窮地を切り抜ける。

ほんとうに悪いのは誰なのか?悪と正義とは?いろいろなことを考えさせられる人間の恐ろしさと愛を描いた作品。


まとめ

漫画は発売を待つ楽しみがあるとは思うけれど、面白い漫画ほど続きが気になりイッキに読みたいですよね。

完結済みの漫画をイッキに読んで、どっぷり作品の世界観にひたるのも楽しいですよ!

読み終えたら作者の新作を読む楽しみも増えるのでおすすめです!

 



-

© 2021 ぼくいく Powered by AFFINGER5