お酒

缶チューハイと梅酒でできる!家飲みですぐに酔えるお酒の作り方

コロナウイルスの外出自粛の影響で、家で飲む機会がイッキに増えました。

お酒の種類はいろいろありますが、手軽に買える缶チューハイがメジャーです。

今はストロング系(アルコール度数が高い)の缶チューハイが増えてますが、

その缶チューハイを使った、すぐに酔えるさらに強いお酒の作り方を紹介します。

さっそく作り方を紹介していきます。

今回は、お酒を2種類用意して、混ぜるだけです。

 

[用意するお酒]

・ウィルキンソン ハードナイン 無糖ドライ

・食事においしい ごちそう梅酒 うまみの淡麗

 

まずは、それぞれのお酒について紹介します。

 

「ウィルキンソン ハードナイン 無糖ドライ」

アルコール9%

プリン体 0.0mg

このハードナインシリーズは、

無糖レモンをよく飲んでいます。

糖類・甘味料を使っていないので甘くなく、

炭酸水で有名なウィルキンソン タンサンを使っているので

刺激の強い炭酸感が楽しめます。

今回は、混ぜるので無糖ドライを選びました。

 

続いてはこちらです。

「食事においしい ごちそう梅酒 うまみの淡麗」

アルコール10%

糖質50%オフ(サントリー梅酒平均値比)

味わいは、甘さが控えめで、すっきりとした味わいが特徴です。

梅の産地は紀州産を主体とした、国産梅100%で、

梅の品種は南高梅・鶯宿他です。

もう一つの特徴としては、「旨味たね製法」という、取り出した梅の実から

たねだけを漬け込み、旨味成分のみを抽出しているそうです。

また、画像だと分かりにくいですが、

瓶ではなくペットボトルなので捨てやすいです。

この梅酒は2種類あり「うまみの芳醇」というほのかな甘口タイプがあるので

甘めが好きな方はそちらを試してみてください。

 

この2つのお酒を混ぜていきます。

グラスに氷をたっぷり入れて、お酒を入れます。

 

おすすめの割合は、

ウィルキンソン ハードナイン 無糖ドライ 60%

食事においしい ごちそう梅酒 うまみの淡麗 40%

2種類のお酒を入れたら、軽くひと混ぜして完成です。

味わいは、すっきりとしていて、後から梅酒を感じられます。

 

最後に、色々な梅酒で試してみるのもおすすめです。

また、梅酒ではなく梅シロップを使えば、大衆酒場感を楽しめます。

 

ちょっとしたひと手間で

家飲みをより楽しんじゃいましょう。

 


-お酒

© 2021 ぼくいく Powered by AFFINGER5