お酒

【迷ったらコレ!】うまいレモンチューハイ・レモンサワー3選

缶のレモンチューハイやレモンサワーはお好きですか?

僕は大好きです。だいたい冷蔵庫にストックがあります。

ただ、種類が多くて「どれがおいしいの?」って迷っちゃいますよね。

そこで今回は、おすすめのレモンチューハイ・レモンサワー3選を紹介していきます。

もくじ

1.チューハイとサワーの違い

2.おすすめのレモンチューハイ・レモンサワー3選

3.まとめ


1.チューハイとサワーの違い

・チューハイとは

「チューハイ」の語源は、焼酎の「酎(チュー)」と、ハイボールの「ハイ」を組み合わせたものと言われています。

ハイボールは、ウイスキーの炭酸割りが有名ですが、本来はお酒を炭酸で割ったものの総称です。

焼酎を使った炭酸割りだから、チューハイと呼ばれています。

ただ、「チューハイ」に法律上のきまりがあるわけではないので、焼酎やウオツカなど無色で香りのないスピリッツをベースに、

果汁などを加えて炭酸で割った飲み物のことを指しています。

 

サワーとは(ウォッカなどのスピリッツ(蒸留酒)をソーダで割ってレモン果汁を加えたもの。)

「サワー」の語源は、英語の「sour」…酸味のある、酸っぱいです。スピリッツをベースに、柑橘類などの果汁と、

砂糖など甘みのある成分を加えて作ったカクテルの一種に、ソーダを加えた飲み物を「サワー」と呼んでます。

お店によって「チューハイ」と呼ぶ所と「サワー」と呼ぶ所があるように、

「チューハイ」と「サワー」はほぼ同じ意味で使われています。一番の違いはお酒の種類ということです。


2.オススメのレモンチューハイ・レモンサワー3選

特徴と炭酸感・果実感・甘さを5つ星で採点しました。

 

WILKINSON HARD NINE  無糖レモン(甘くなくい、強炭酸)

メーカ:アサヒビール㈱

[特徴]

1.ウィルキンソン タンサン使用で、炭酸感・止渇感(口の乾きを止めること)を強化。

2.糖類・甘味料不使用で、全く甘くない味わいを実現。

3.アルコール分9%で、しっかりとした飲みごたえ。

炭酸感:☆☆☆☆☆

果実感:☆

甘 さ:☆

ウィルキンソンハード ナイン無糖レモン [ チューハイ [ 350ml×24本 ] ]

 

 

タカラ焼酎ハイボール レモン(甘くない、大衆酒場の雰囲気が楽しめる)

メーカ:宝酒造㈱

[特徴]

1.元祖焼酎ハイボールの味わいを追求。

2.甘味料ゼロ、糖質ゼロ、プリン体ゼロ。

3.アルコール分7%で、飲みごたえのある辛口チューハイ。

炭酸感:☆☆☆☆

果実感:☆☆

甘 さ:☆


TaKaRa 焼酎ハイボール レモン [ チューハイ 350mlx24本 ]

 

 

檸檬堂 鬼レモン(レモネードのようなとろみがある、レモンの果実感がある)

メーカ:日本コカ・コーラ㈱

[特徴]

1.丸ごとすりおろしたレモンを、お酒にあらかじめ漬け込む「前割り製法」を採用。

2.レモン1.5個分の果汁を使用したガツンとくる味わい。

3.アルコール分9%の、ストロング系レモンサワー。

炭酸感:☆☆☆

果実感:☆☆☆☆☆

甘 さ:☆☆☆☆


檸檬堂 鬼レモン 缶 [ チューハイ 350ml×24本 ]


3.まとめ

レモンチューハイ・レモンサワーは種類が豊富です。

今回は、ぼくが飲みやすいと感じる3つを紹介しました。

ただ、ぼくも飲んだことがないものが、まだまだたくさんあります。

新商品だけでなく、期間限定商品もあるので

いろんな味を楽しんでいきたいと思います。

この記事が、あなたのお気に入りを作るきっかけになったらうれしいです。

 

-お酒

© 2021 ぼくいく Powered by AFFINGER5