エンタメ

子供と一緒に楽しめる!懐かしの映画

子供の頃にドキドキしたりワクワクしながら観た映画。

大人になった今観てみると、当時を思い出して懐かしい気持ちが蘇ってきたり、

当時とは違った視点で観れて新たな発見があったりします。

 

そんな、子供と一緒に楽しめる懐かしの映画を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

もくじ

1.洋画のおすすめ

①アダムスファミリー

②トイ・ストーリー

 

2.邦画のおすすめ

①千と千尋の神隠し

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲


1.洋画のおすすめ

①アダムスファミリー

1991年公開

アメリカ映画

 

[ジャンル]

ホラーコメディ

 

[あらすじ]

一軒の不気味な屋敷があった。当主のゴメス、魔女の血を引くモーティシア夫人、手だけしかないハンドなど個性的なアダムス一家が住んでいた。

周りから見れば不気味でな雰囲気漂う一家だが、莫大な資産があり幸せに暮らしていた。

そこに25年前に失踪したアダムス家の長男フェスターが現れるが、

実はアダムス家の財産横取りしようとする弁護士が送り込んだニセモノだった…。

 

[おすすめポイント]

外見や住んでいる屋敷は、いかにもホラーな感じですが、決して怖い作品ではなく、

アダムス家の人々のコミカルなキャラクターや家族への以上な愛情が面白いホームコメディです。

家族の絆を感じられる作品です。


②トイ・ストーリー

1995年公開

アメリカ映画

 

[ジャンル]

長編フルCGアニメ

 

[あらすじ]

男の子のアンディの誕生日プレゼントとしてやってきた最新のおもちゃバズの存在が、カウボーイ人形のウッディには疎ましくて仕方がありません。

そんな中、偶然バズが窓から落ちてしまうというハプニングを引き起こしてしまい…。

 

[おすすめポイント]

トイ・ストーリーは続編が4まで公開されている大ヒット映画の一作目。

観ているうちに個性的なおもちゃたちに感情移入していき、

気づくと「あぶない!」「がんばれ!」とおもちゃたちを応援しています。

ウッディとバズの友情を軸に、ハラハラドキドキしながらやさしい気持ちになれる作品です。


2.邦画のおすすめ

①千と千尋の神隠し

2001年公開

日本映画

 

[ジャンル]

長編アニメーション

 

[あらすじ]

10歳の女の子 千尋は、引っ越し先へ向かう途中に立ち入ったトンネル抜けると、不思議な町へ迷い込んでしまう。

その町の店にあった料理を勝手に食べてしまった千尋の豚に変えられてしまいます。

ひとりぼっちになった千尋は両親を元の姿に戻すために、町を支配する魔女 湯婆婆(ゆばーば)の経営する銭湯で働くことになり…。

 

[おすすめポイント]

ぼんやりと過ごしていた千尋が異世界で食べることや働くことで、懸命に生きることと向き合い変わっていきます。

また、不思議な世界で妖怪のようなキャラたちが愉快でかわいらしく見えてきます。千尋の成長していく姿に胸が熱くなります。


②映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲

2001年公開

日本映画

 

[ジャンル]

長編アニメーション

 

[あらすじ]

大人向けのテーマパーク「20世紀博」が春日部で開催された。

昔の映画や暮らしなどを再現された懐かしい世界にひたれる遊園地に大人たちが夢中になっていく。

毎日のように遊びにいく大人たち、やがてひろしは会社に行かなくなり、みさえは家事をやめてしまう。

そして大人たちは子供を置いて消えてしまう…。

 

[おすすめポイント]

昔観た時の無表情で子供を置いていってしまう大人たちがとにかく恐かった記憶がありました。

今観ても恐いシーンでしたが、改めて観ると親としての目線で観ることができ、子供の存在の大きさと大人になる希望を感じられました。

あらためて家族のありがたみや大切さに胸がいっぱいになり泣ける映画です。


まとめ

有名な作品ばかりでしたが、どれも名作です。

 

ちなみに「千と千尋の神隠し」以外の紹介した作品は、VOD(動画配信サービス)で観れます。

「アダムスファミリー」と「トイ・ストーリー」はU-NEXT
映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲」はAmazonプライムビデオで観ることができます。

 

貸出中や返却期限を気にしないで、家から一歩も出ないで観ることができます。

便利な世の中になりましたよね。

 

子供の頃に観た映画は、今観ると懐かしさや新しい感じ方を与えてくれます。

そんな映画を子供と一緒に観て、ぜひ楽しい時間を共有してみてください。



-エンタメ

© 2021 ぼくいく Powered by AFFINGER5