読むと食べたくなる!異世界グルメ漫画のオススメ3作品

最近は、異世界に転生する系の漫画が増えてます。

そんな異世界グルメ漫画のオススメ3作品を紹介します。

 もくじ

1.とんでもスキルで異世界放浪メシ

2.異世界居酒屋「のぶ」

3.異世界食堂 


1.とんでもスキルで異世界放浪メシ 

原作:江口蓮
漫画:赤岸K
キャラクター原案:雅

 

現代日本から勇者召喚に“巻き込まれて”異世界へと召喚されたムコーダ。

『ネットスーパー』という一見しょぼい固有スキルに落胆するムコーダだったが、

実はこのスキルで取り寄せた現代の食品は異世界だととんでもない効果を発揮して……!?

(公式HPより抜粋)

 

異世界転生ものの中で、地味に思える「ネットスーパー」のスキルを巧みに駆使し、

運も魔獣も味方につけるムコーダの躍進ぶりが、読んでいて気持ちがいい。

読んでいると、特に肉が食べたくなる作品。

 


2.異世界居酒屋「のぶ」

原作:蝉川夏哉
漫画:ヴァージニア二等兵
キャラクター原案:転

 

異世界に繋がる噂の酒場「居酒屋 のぶ」。タイショーが作るエキゾチックな料理と

極上の酒「トリアエズナマ」を求め、今日も店には異世界の住人が訪れる──。

(公式HPより抜粋)

 

異世界の人々が、「居酒屋 のぶ」の唐揚げや海鮮丼などの料理に驚き・感銘を受ける様が

読んでいて、どこか誇らしい気持ちになれる。そして気づいた時には異世界で愛される

「居酒屋 のぶ」のファンになっている。読んでいるとお酒が飲みたくなる作品。


3.異世界食堂 

原作:犬塚惇平
漫画:九月タカアキ
キャラクター原案:エナミカツミ

 

夜でも明るく、真夏でも涼しく、冬でも暖かい不思議な料理屋。猫の絵が描かれた扉を開いた先には―――「異世界食堂」。

「洋食のねこや」、創業五十年。「異世界食堂」、開店三十年。今日も小さな食堂は変わることなく、

訪れた人々に美味しい料理を振る舞い続ける。

(公式HPより抜粋)

 

7日に1度異世界に繋がる「洋食のねこや」の扉が現れる。その食堂の中では、種族・身分の境目はなく

平等においしい料理が振る舞われ、食べた人たちを幸せにする。読むとあたたかい気持ちになれる作品。


まとめ

異世界グルメ漫画を読んでいると、普段当たり前に食べている料理が

改めてすごいものを食べているんだなと思えてくる。

そして、そんな料理たちが恋しくなり食べたくなってくる。

 

こんなにうまいものを食べているんだから

また明日からがんばろうという気持ちが湧いてくる

異世界グルメ漫画をぜひ読んでみてほしい。



-

© 2021 ぼくいく Powered by AFFINGER5