ラーメン

辛くてうまい乾麺&冷凍麺+唐辛子の体への影響について

最近いきなり暑くなってきました。25℃を超える夏のような日も増えてきました

なぜか暑くなると寒い時よりも、より辛い物が食べたくなってきませんか?

ぼくはがぜん辛い物が食べたくなります。

 

辛いのは好きだけど辛過ぎるとお腹をこわしちゃうぼくが、最近食べておいしかった「辛くてうまい乾麺・冷凍麺」についてと、気になって調べてみた「トウガラシの体への影響」について紹介します。

もくじ

1.おすすめの辛くてうまい乾麺&冷凍麺

2.トウガラシの体への影響について


1.おすすめの辛くてうまい乾麺&冷凍麺

「辛(シン)ラーメン(即席中華めん)」

[内容量]

120g

 

[輸入者]

株式会社農心(ノムシン)ジャパン

 

[作り方]

①鍋に水550ml(3カップ程)を入れ沸騰させ、麺とスープとかやくを一緒に入れ、4分30秒間煮込む。

 

②鍋に移して完成。

 

「辛(シン)ラーメンの特徴・感想」

厳選された唐辛子の「辛さ」、ブレンドしたオリジナルスパイスと素材の旨み成分がたっぷり溶け込んだ「旨味スープ」、

「旨さ」と「辛さ」がマッチした絶妙なおいしさがクセになる「うまからっ!」味です。

とパッケージに記載されている通り、うまくて辛い絶妙な味がクセになるスープとプリップリの麺がベストマッチしてます。

今回は卵を入れたので、そのままよりも辛さを少しまろやかにして食べました。

火加減にもよりますが、麺と一緒に2分ぐらいを目安にゆでると黄身が半熟になるのでおすすめです。


「蒙古タンメン中本 辛旨焼そば(即席カップめん)」

[内容量]

176g

 

[製造者]

日清食品株式会社

 

[作り方]

①フタを【1】から【2】まではがし、粉末ソース・液体ソース・特製マヨを取り出す。

 

②熱湯を内側の線まで注ぎ、フタをして5分待つ。液体ソースをフタの上で温める(※粉末ソース・特製マヨは温めない)

 

③フタを上部の【3】から点線にそってはがし、湯切り口を作る。

 

④カップをしっかり持ち、静かに傾け、湯切り口から湯をすてる。

 

⑤フタを完全にはがし、粉末ソース・液体ソースをかけてよく混ぜ合わせ、特製マヨをかけてできあがり。

 

「蒙古タンメン中本 辛旨焼そばの特徴・感想」

ぼくは「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」(スープがあるやつ)をよく食べるんだけど、この「蒙古タンメン中本 辛旨焼そば」は辛旨味噌のいいところを残して、すごい鮮やかな色の辛味噌風味マヨで辛さとコクがプラスされている。

スープが無い分、麺の食感をはっきりと感じられ、ちゃんとヒーヒーさせてくれる辛さでうまい!

ただ一つだけ残念なのは、中本の代名詞とも言える豆腐があればもっとうれしかった。


「日清中華 汁なし担々麺(冷凍麺)」

[内容量]

361g

 

[販売者]

日清食品冷凍株式会社

 

[作り方]

①「花椒入り唐辛子」を取る

 

②麺を凍ったまま・内袋のまま「こちらの面を上にして 」の表示されている面を上にして、

 電子レンジで加熱する(加熱の目安:600Wで約6分)

 

③麺を皿に移して、「花椒入り唐辛子」をふりかける。

 

「日清中華 汁なし担々麺の特徴・感想」

冷凍食品ならではの乾麺とは違う、麺のモチモチ感と具の肉感を楽しむことができます。

また、キャンペーンで「花椒入り唐辛子」の量が2倍になっているので、辛さとシビれも2倍です。

ちなみに、ぼくは「花椒入り唐辛子」全部入れてみたら、舌にビリビリとしたシビれを強く感じました。

全体の味はパッケージの通りシビ旨くて、特に麺のモチモチとした食感がおいしかったです。

また、内容量が361gなので、量的にも満足感がありました。


2.トウガラシの体への影響について

ぼくは辛い食べ物が好きですが、決して辛い食べ物に強いわけでではなく、よくお腹を壊すので理由を調べてみたら

良い記事があったので紹介します。

 

トウガラシを使った料理や調味料による適度な辛さは食欲を増進させ、おいしく食事をする助けになります。

しかし、トウガラシの辛みの主成分であるカプサイシンをとりすぎると、粘膜が傷つき、のどや胃が荒れてしまうことがあるので、辛いものを食べ過ぎないように心がけましょう。

(農林水産省ホームページより抜粋)

 

上記の通り、「カプサイシン」のとりすぎで、粘膜が傷ついて胃が荒れてたのが原因だったんですね。

原因が分かったので、緩和する食べ物も調べてみました。

 

「カプサイシン」の辛味を緩和してくれるのが、牛乳などの乳製品です。

乳製品に含まれるタンパク質の一種「カゼイン」が、「カプサイシン」と結びつくと、口の中や胃腸の神経をへの刺激をやわれげてくれます。

ちなみに食前の方が、より効果的だそうです。


まとめ

昔よりも辛い食べ物が手軽に買えたり食べれるようになりました。

ただ、辛さレベルMAXみたいな商品も増えたので、ぼくみたいに辛いのが好きだけど強くない人は、

食前に牛乳などの「乳製品」をとって、辛い食べ物とうまく付き合って、これからの暑い季節に負けないようにしましょう!

 



-ラーメン

© 2021 ぼくいく Powered by AFFINGER5